fbpx

 > 留学体験談 > ゼットエーブログ >

経験者が語るイギリス留学とフィリピン留学の生活の違い

ZA English Academyで学生マネージャーをしている三宅です。
今回は私の経験に基づく、イギリス留学とフィリピン留学の生活の違いについてお伝えしたいと思います。

生活の違い

イギリス留学

イギリスは他の国の語学留学先と比べ、物価が高いと見なされています。学校の受講料や公共の乗物運賃は確かに高い傾向にあリます。しかし、その他の生活費は努力により日本並み若しくは日本(東京)よりも安価に生活すること出来ます。家賃は契約する家によっては費用を軽減させることが可能です。私は治安が悪い地区と言われている比較的家賃の安い東ロンドンに住んでいました。北ロンドンや西ロンドンのように清潔感のある住宅街に比べ、出店や中東系の人が多くやや異様な雰囲気があります。一方でオシャレなロンドンっ子に人気なブリックレーンストリートのあるショーディッチや広大で美しいビクトリアパークは所属しているサッカークラブのホームグランドだった為、理に適った居住地でした。また、学生のほとんどは家賃の安価なハウスシェアをします。トイレ・風呂・キッチン等の設備を共用し、各住人にはそれぞれの部屋が1つの家で提供されます。私はポーランド人1人とイタリア人3人とともに5人でハウスシェアをすることで比較的ロンドンの中心付近にも関わらず安い家賃で生活できました。外食はやや価格が高い傾向にありますが、50%OFFなどのプロモーションが頻繁に提供されている為、これらを利用して頻繁に外食をしていました。また地元のスーパーマーケットのテスコやセインズベリーで食材を購入し自炊をしていた為、かなり食費を抑えていました。

フィリピン留学

フィリピンでは学校が用意しているドミトリーで生活するのが一般的です。ドミトリーは各学校により、校舎と一体型タイプや分離型タイプなど学校によって異なります。また、学校によっては提携ホテルやコンドミニアムなども用意されています。食事やランドリーサービス・清掃は学費に含まれていることが多く、それらをトータルした合計金額は他の国の学費のみの金額と比べても安い傾向があります。また、飲酒を含む外食をした場合でも概ね1000円程度で済む為、非常に物価が安いです。また、フィリピン料理は日本人の口に合い、多くの学生から美味しいとの声を聞きます。予算を抑えた生活が出来る一方で、お酒の飲み過ぎによる泥酔には気をつけなければなりません。日本のように治安が良い訳ではないので盗難やスリに会う可能性が高い為、門限時間までに確実戻ること、自分の許容量に合わせて飲酒量を調整することが大事です。
ZA English Academyでは運動や友達との交流に有効なプールやジムに加え、快適なランドリーサービス・清掃や美味しい食事を提供しています。また、光ファイバーによるインターネット接続は通信速度が早く英語の動画閲覧やネットサーフィンがサクサク行えます。是非、この学校の快適さを体験してみてください。

観光に関して

イギリス留学

私が留学していた語学学校はロンドンの中心に位置していました。学校から大英博物館へは徒歩2分でアクセス可能で、他の有名な観光スポット(ビッグベン・ロンドンアイ等)へも地下鉄やバスで容易にアクセス可能でとても便利でした。また、イギリスはイングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドの4つの区域で構成されていますが、イングランドのロンドンは歴史的な建物が立ち並ぶ一方で都市化されたモダンなデザインや最新技術も体感出来ます、その他の区域では歴史的な街並や大自然を体感出来るのが特徴です。格安航空会社を利用してヨーローパの様々な国へ旅行することが出来、ヨーロッパ内で繋がっている鉄道を利用して国から国へ移動することも可能です。

私は自然や建築が好きなので、アイスランドで氷の洞窟探索やオーロラ鑑賞、スェーデンでモダンデザイン探索などを楽しみました。

フィリピン留学

フィリピンには日本では想像できない程の壮大な大自然が広がっています。この大自然でのアクティビティが主な観光業と言えます。海ではダイビングやシュノーケルによって綺麗なサンゴや魚を見ることが出来ます。また、水の透明度は非常に高く、水深の浅いところではエメラルドグリーン、深いところでは綺麗なブルー色をしています。山を訪れれば、川や滝でのカヤックや高所からの飛び込みをしたり、野生の動物を見ることが出来ます。フィリピンでの観光の中でも特に私がオススメするのはサンライズとサンセットです。海や山から見え隠れする太陽は非常に綺麗でとてもロマンチックです。サンライズでは朝早く起き、高所やビーチへ移動しなければなりませんが忘れらないひとときを味わえるでしょう。

イギリス留学とフィリピン留学の特徴をいくつか書いてみましたがいかがでしたか。経済・文化の最先端を行くイギリスでも工夫することで生活費を抑えられ、フィリピンでは物価の面でも設備の面でも快適な生活を送ることが出来ます。学習面に関しては、自分の英語の上達度によってどちらの留学先を選択するかを判断すると良いと思います。フィリピンではあらゆるレベルの語学力の生徒に対応していますが、イギリスではある程度の語学力を持った学生ではない限り現地での語学力の上達度はフィリピン留学に比べて遅いと思います。一方で、イギリスでの語学学習は英語上級者にとっては語学力を伸ばすのに非常に良い機会だと思います。両方の学校で学習するとともに、色々な生徒を見てきた経験上、まずはフィリピン留学で英語の学習をしてある程度自身の語学力を高めた上で英語を母国語とする国で留学経験をするが上達への近道だと思います。観光の面ではどちらも日本では経験出来ない体験が待っていますので、大きな期待を持って留学へのステップを踏み出してみてください。

この記事をシェアする