fbpx

 > 留学体験談 > 代表ブログ >

自分自身の経験から語るアメリカ留学とセブ島留学の違い【授業編】

皆さま、お久しぶりです。
当校ZA English Academy代表の扇山です。

前回、欧米留学に行く場合とセブ島留学に行く場合の一般的な違いをご説明させて頂きました。あくまでも、一般的なので留学に興味のある方にとってはすでに知っていた情報もあったかと思います。
今回は特に私がセブに3年住んでいる中で、私自身が経験したセブ島と欧米との比較をお伝えしたいと思います。

私は自分自身、高校1年生の夏休みにアメリカ・ボストンの語学留学プログラムに3週間参加し、プログラム終了後そのままミネソタ州の高校で高校最後の2年間を過ごし、セブに来る直前まではオーストアシドニーとブリスベンで計2年半ほど働いておりました。

参考までに自分の英語力ですが、分かりやすく数字で表すと、最後に受けたテストがオーストラリアでビジネスビザを取得する為に2013年に取ったIELTSのスコア5.5でした。
こちらのサイトによるとTOEICで換算した場合600点から740点の間となるそうです。
http://ieltsnavi.com/score_conversion.html
これよりも以前に高校を卒業の、数カ月後に受験したTOEICのスコアがやはり600点代前半だったと記憶しております。

詳しい方はもうお分かりでしょうが、私の英語のテストのレベル自体は中級くらいで、自分で言うのも何ですが、留学していた割には全然大したことはないなと思っております。

話しを戻しますが、私はセブと欧米の留学について単純に比較できるのは、アメリカ留学の頃の経験です。

欧米留学では、グループレッスンを中心に行うの対し、セブはマンツーマンのクラスを多く取れるということです。
アメリカやイギリス、オーストラリア留学でマンツーマンレッスンを受講しようすると、フィリピン留学の数十倍も費用がかかってしまいます。

“実際のところ、グループレッスンとマンツーマンレッスンではどちらの方が短期間で英語力を伸ばせるか?”

自分の経験を踏まえてお話ししたいと思います。

まず、自分がアメリカに留学していたころのグループクラスは1クラス15人から30人くらいの人数でしたが、必ずと言って良い程、日本人が陥りやすいマイナスな傾向があります。

それは、「授業中全く発言ができない!!そもそもまともについて行けない!!」ということです。

自分は、ボストン留学に行く前も約1年半、高校留学を目標にしていたので東京の留学準備予備校に通い、欧米の同学年が習う学校の授業を他の日本人生徒と一緒に、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス出身の先生から英語で学んでいました。そのようなこともあり他の同学年の日本人生徒と比べて活きた英語を学んでおり、実践もできていたと思います。

それでも、ボストンの語学学校の授業ではほとんど発言らしい発言はできず、授業が始まってから始めの1/3程はなんとかついて行けるのですが、何かの拍子に話しについていけなくなる、ということがほとんどでした。何か話せたとしても、たまに先生から質問が飛んできて、「Yes」か「No」など一言二言答える程度でした。自分だけではなく、その他授業で一緒になった日本人はほぼ全員、自分と同じ状況に陥っていました。そして、その状態のまま日本に帰って行きました。

何故、日本人は取り残されてしまうのかというと、同じ留学生の中には、イタリア、ドイツ、スペイン、ベルギー、エクアドル、ベネズエラ、ブラジル、韓国、台湾など様々な国籍の生徒がおり、当然この人達も英語が下手なので勉強しに来ているはずなのに、何故だか分かりませんが、きちんと授業の話しについて行き、まぁそれはそれは良くしゃべるのです。そこから先生と話しについて行ける生徒の間でどんどん進み、自分達日本人は取り残されていってしまう構図が出来上がってしまうのです。

私は冒頭で述べた通り、そのままアメリカで高校留学を続けた為、最終的には英語を日常で扱えるレベルにはなりましたが、高校に行ったら生徒は現地のアメリカ人ですので余計ついて行くのが大変になりました。

それに比べセブは先生と生徒とで1対1で授業をすることになるので、生徒が全く話せない状態でも、先生は何とか言葉引き出そうと様々な言葉やヒントを投げかけます。それを繰り返していく事で、メキメキと上達していくのです。

当校の生徒には半年から1年など長期の生徒もおりますが、そのような生徒の中には私の英語力を上回って卒業していく方もいるので「自分のアメリカとオーストラリアの計4年半はなんだったのか。」とその度に思わされます。


今回、お話ししたことはあくまでも自分の実体験です。当然ながら世の中にはいきなり欧米に出て活躍している日本人も、たくさんおります。私もアメリカ留学時代の留学生活が全く充実せず意味が無かったかというと、決してそうではありません。高校卒業から14年経ちますが、未だにSNSで繋がっている友人もたくさんおります。

ただ、当時自分が高校時代には有名では無かった(むしろ無かった)、特に日本人のようなシャイな国民性の生徒に合った、セブ留学というものが出来上がり、10数年という短い期間ではありますが、授業内容も成熟してきておりますので、焦って欧米に行く前に是非一度ZA Englishでワンクッションを置かれてみてはどうかと思います。

次回は生活面についてオーストラリアに住んでいた時と比較してみたいと思います。

この記事をシェアする