> 留学体験談 > 卒業生の声 >

EMC General コース 3ヶ月/ 留学体験談

ZA Englishにきて10週間が経過しました。3週間が経った頃から英語力の向上を実感するようになりました。今は新しい段階にステップアップ出来ていると感じます。

英語力の向上を感じた瞬間

三週間が経過したとき、久しぶりに洋楽を聞いてみると歌詞がすーっと入ってきました。以前はほとんど理解できなかったですし、聞き取れた単語はどんなに簡単でも一旦頭の中で日本語に変換して理解していました。それが翻訳の段階を飛ばして、英語からイメージにつながるようになりました。気づいた時は本当に嬉しくて、勉強によって娯楽がより深まるのだとモチベーションに繋がりました。

言葉の選び方にも変化を感じます。「暇だ」といった直接的な表現から「特にすることがない」のような柔らかな表現をするようになりました。
これは新しい言葉を知ったわけではなく、先生たちの表現の仕方に聞き慣れて自然と出てくるようになったのだと思います。
また、以前は頻繁に「Wait」を使っていましたが先生から非常に失礼な言葉であると教わり「Just a moment please」と言うなど丁寧で思いやりのある英語を使えるようになりました。
これらの成長は英語を使う環境が整った中での充実した授業のおかげではないかと思います。

新しいステップ

2か月以上たった今、リスニングの力が劇的に伸びているのを感じます。授業中に先生が話す内容・質問が確実に理解できるようになりました。なんとなく意味が分かるという訳でなく一語一語、しっかりと入ってきます。さらに文章の中の知らない一語に気付けるようになりました。そしてその語のスペルが予想出来て辞書で調べられるようになりました。そうなると覚えるべき単語が分かるので学習スピードが加速します。ボキャブラリーを増やしてスピーキングに活かすことが相手の伝えたいニュアンスを理解することの次のステップだと思っています。

Arlene先生から教わる文法

Arlene先生のグループクラスを受けています。文法のクラスですが初めて知るものもあれば知ってはいたが理解しきれずこれまで使うことはなかったものも教わることがあります。
授業が始まると例文が書かれます。時に生徒が好きな歌の歌詞であったり昨日の出来事を話した一文だったりします。
それらの共通の文法を英語で教わったのちに自分で例文を考え、クイズ形式で使うことを繰り返します。これらの授業内容のおかげで1時間に1つのペースで新しい文法を身に着けて、聞いて分かるだけでなく会話の中でも使えるようになっていきます。
日本語で教わると頭の中で和訳と英訳を繰り返し遠回りになることをストレートに学べているのではないかと思います。

最初は全部英語の文法の授業を理解する自信がなかったですがArlene先生は文法用語(受動詞、副詞節など)の日本語と台湾語を覚えていて理解してない生徒に気付くと各国の言葉を交えて説明します。他にも多くの日本語の単語を覚えていて雰囲気を和ませながら授業を進める姿にとても賢くて熱心な先生であると日々感じます。そして覚えた外国語で外国人と仲良くなる姿に影響を受けて自分も頑張ろうと思えます。

このようにZA Englishの先生たちは英語力・教え方に加えて熱心さが素晴らしいです。そのおかげで最初に述べたような英語力の向上が感じられているのではないかと思います。

この記事をシェアする