> 留学体験談 > 卒業生の声 >

ネイティブと話せるようになりたい!GeneralコースHさんの体験談

帰国後、学んだ英語力を仕事で活かすため、Generalコースで毎日熱心に学ぶHさん。2週間の短期留学にも関わらずTOEICスコアを200点あげることに成功しました。短期留学で急成長した秘訣とは?

セブ、学校の第一印象

まず空港を出て学校に向かう道中に交通面で衝撃を受けました。信号が少ないことも気になったのですが、やはり一番はクラクションですね。バイクも車も絶えずにクラクションを鳴らしていたので皆怒っているのかなと怖かったです。皆こんなに短気なのかとこれからのセブでの生活に不安を感じるほどでした。授業が始まって先生に聞いたりする中で、日本とは違い、存在を知らせたり「先に行くよ」の合図だと知りました。それが最初のカルチャーショックでしたね。慣れた今では気になりませんし道を渡るのにも苦労しません。

学校の第一印象はWI-FI環境が非常に整っていることですね。どこでもサクサク繋がるので苦労したことがありません。YouTubeの動画もストレス無く再生出来ました。そして、ランドリーが週に2回、当日返却で部屋の問題があってもメンテナンスがその日のうちに対応してくれる点も、本当に助かっています。アカデミーの環境ですが、国ごとのコミュニティが出来ていなくて誰とでも話しやすいと感じました。

ZAマンツーマン授業について

Gladesh先生のリスニング・スピーキングのマンツーマン授業を受けています。基本の流れは日常会話から入ります。他愛ない会話ですがそこでも間違った文法や発音があれば訂正してくれるので、Gladesh先生で良かったなと毎回実感しています。教科書のボキャブラリーは例文を作りながら覚えて応用方法を学びます。リスニング問題を解いたらその話題について会話をします。一つ一つの過程に意味があるので確実に力を付けられるように思います。宿題は時々あるほどですが自習が大切だと思い毎日授業が終わって夕食をとってからの3時間半か4時間は自習室で勉強します。それから映画を1本見るようにしています。その日知った単語を覚えたいというのと、日本語を挟まなくても理解できるような英語脳にしたいんです。帰国後、仕事でネイティブスピーカーとコンスタントに専門的な会話をできるようになりたいからです。

英語以外で学んだこと

ZA卒業生の声ESLコース
先生とご飯に出掛ける機会があり、恋愛などのプライベートな話もしました。日本と変わらないこともあれば驚きをかくせない話もいくつかありました。1つは楽観性、ポジティブさです。フィリピン人と一概にしていいのか分かりませんがとにかく明るい性格です。道端で一人でも平気で歌い出せる姿が羨ましくもあります。
また、「1万円以上が入った財布を落としたけど、お金に困っている人が有意義に使ってくれているわ」そう言われたときに明らかに日本とお金の捉え方が違うと感じました。お金がないと言いながらも幸せを感じながら暮らしている様子を見てかなり考え方が変わりました。セブでの生活は植え付けられてきた拝金主義を客観的に捉える機会を与えてくれました。

残りの半月で努力を重ねて深い英会話から多くの国や地域の考え方を知れるようになりたいです。

この記事をシェアする