> 留学体験談 > 卒業生の声 >

GENERAL コース 1ヶ月/ 留学体験談

わたしにとって初めての留学だったので行く前はとても不安でした。
1日8コマのレッスンのうちマンツーマンレッスンが4コマというスケジュールで今の自分の英語力で4時間も英語で会話し続けることができるのか、また私生活でも1人の時間が好きなため4人寮という点において約1か月間生活すること、現地での食事、現地で慣れない地での生活かつフィリピンは治安が悪いと聞いていたため不安がありました。しかし留学を決意した理由は短期間集中して英語を学びたいと思いがあり、大学に入学する前から漠然と考えていた留学だったためせっかく留学することの出来る機会に自分自身の成長と英語力向上のためこの留学を決意しました。

初日の流れ

初日はエントランステストを受ける人と事前にTOEICの点数を申請した人に分かれました。それに合わせてクラス分けが行われるので自分に合ったクラスでレッスンを受けることができました。レッスンは1日8コマで1コマ50分です。私は朝7時40分から16時05分まででした。その間に5分か10分の休憩と昼食があります。

レッスンの内容について

私の時間割では、まず1、2コマ目に主にリーディングとライティングのマンツーマンレッスンがありました。
単語の教科書を選ぶ際に3種類あり1つ目に見せてもらった教科書をめくり先生にどのくらいわかる?と聞かれ7割くらいと答えると、次に2冊目を見せてもらい同様に4~5割くらいと答えると最後に3冊目を見せてもらった時に全くわからない単語ばかりで何も分からないと答えると、これにしよう!と言われ最終的に一番難しい教科書になってしまいました。一番大変に感じたことは毎朝見開き1ページ全部の単語テストです。
大学で行っていた単語テストは、日本語訳と品詞を書くペーパーテストでしたが、マンツーマンレッスンでは覚えるだけでなく、覚えた単語で1文使い意味を説明することが大変でした。
初めのうちは毎晩その課題を覚えることに必死で、ひたすらノートに書いて暗唱していました。
しかし、いざレッスンで説明するとなると1単語忘れてしまうと緊張で頭が真っ白になってしまいうまく喋れなくなってしまいました・・・。
2、3週目になると、マンツーマンレッスンにも慣れ分からない単語があってもほかの単語で補うことができました。
担当してくれたマンツーマンの先生には、色々と悩みを聞いてもらったり、他愛もない話をしたり、
その先生のおかげで約1か月間の留学が自分にとって有意義な時間であり楽しい1か月になりました。
中でも嬉しかったことが2月14日のバレンタインデーに先生がハートのバルーンをくれたことです。そのバルーンは今でも自分の部屋に飾っています。
3コマ目はグループレッスンで台湾の留学生3人と名古屋から来た大学2年生の人と一緒でした。そこでは主にリスニングと答え合わせ、空いた時間にみんなで話したりしました。しかし台湾の留学生の子たちは積極的に質問したり会話している中、私には難しく自信をなくしてしまい分からないところを質問することが出来ず悔しい思いをしました。
4コマ目のグループレッスンでは韓国人のおじさん、中国人のおじさん、関西の大学4年生の人と一緒でした。私がそこで新たに感じた問題は英語の訛りでした。タクシーの運転手のおじさんなどとは違い、国によって発音しない子音やイントネーションの違いが聞き取りづらく会話をする中で1つの課題でした。
5、6コマ目は主にスピーキングとリスニングのマンツーマンレッスンでした。そこでの課題が先生と会話している中で分からない単語が出てきて質問をしたときに言い換えてくれた単語が分からないことでした。教えてもらった英単語をノートに書き留め夜復習することを続けることでだんだんとスムーズに会話することができました。
7、8コマ目はグループレッスンで7コマ目では主に発音を学びました。私たちが普段気にしないで発音しているLとRの発音や発音記号から一から学びました。

私生活で心掛けたこと

私が授業以外の私生活で心掛けたことは日本人だけでなくせっかく留学に来たからこそ関わることの出来る外国人の人達と積極的にコミュニケーションをとることを留学前から目標としていたため色々な人と関わるよう心掛けました。グループレッスンで一緒だった台湾の留学生の子たちと夜ロビーで話したり、連絡先を交換してやり取りしたりしました。その中の1人が日本に家族で旅行するとのことだったので、自分なりのおすすめの観光地や美味しいグルメがあるお店などを紹介したりと楽しい会話することができました。また帰国する前日友達に誘われ食堂のお姉さんと一緒にスムージーを飲みに行きました。そこでは今日まで長かったようであっという間の1か月が終わってしまう寂しさとまた来たいという気持ちが大きかったです。

留学後変わったこと

私はこの留学中3月に行われる予定だったTOEICに向けてほぼ毎日レッスンの復習とTOEICの英単語練習を続けました。自習室で夜時間を決めて行うことで習慣化され、休日遊びに行った帰りでも決めたページをやり続けたことで集中力がつき、単語力がつきました。
最後にZAで過ごした1か月はわたしにとって濃い1か月になりました。日本にいるだけでは経験することの出来ない毎日が真新しく新鮮で自分自身の成長につながる素晴らしく貴重な経験をすることができました。この経験をさせてくれた両親、祖母、留学中辛くてテレビ電話をしたりたくさん相談して心の支えになってくれたこと本当に感謝しています。またこの1か月乗り越えられたのは間違いなくZAのスタッフの方々、先生たちに救われて無事に何事もなく過ごすことが出来ました。改めて私はこの留学は自分にとって素晴らしい経験になりました。また機会があればZAで学びたいです。

この記事をシェアする