> 留学体験談 > 卒業生の声 >

GENERAL コース 1ヶ月/留学生活で役立つ知識

私自身、今回の留学が初めてで留学になに持っていけばいいんだろう。どう生活していくのだろうと不安がたくさんありました。
これから私が学んだこと気付いたこと、そしてフィリピンに留学をしに行くにあたって必要な物などをみなさんに紹介したいと思います。

ZAのカリキュラムについて

ZAでは始まりは7:40の終わりは18:00で一コマ50分の10時間目まであり、2時限空きコマのスケジュールでした。
授業と授業の間は5分だったり10分だったり時間によって休憩時間が違います。ランチタイムは1時間でした。

この授業形態にもフィリピンの文化があります。現地の先生によるとフィリピンの学校では朝がはやくそして授業がたくさんあるそうです。
これをみると1日に50分が8コマもあるの!?と驚く人もいると思いますが、先生はみんな面白く優しいので時間があっというまに過ぎます。自分は大学の1コマ目の9時ですら辛いと感じる人間ですが、フィリピンではなんとか起きられました。ZAの良いところは部屋と教室が同じ建物なので通学時間がないことです。これは本当に便利で、朝ギリギリに起きても間に合ったり、また放課後も帰宅に時間がかからないので夜までわりとゆっくりできます。

少し話がそれましたが、授業内容についても話します。私はマンツーマンの先生が2人いてそれぞれ2コマずつ、そしてグループの授業が4コマでした。
マンツーマンではリスニングやリーディング、語彙、TOEICなどやることは人によって違いますが基本は先生と教科書を進めていく感じでした。
私のマンツーマンのレッスンはリスニングと語彙だったのでそれぞれリスニングの問題が色々ある教科書を進めたり、また単語がたくさんあってその次のページにその単語を使った問題や長文を解く教科書を使って勉強しました。そしてグループの授業は多国籍で、最低2人から多くても10人はいくかわからない程度の人数で行いました。やる内容はその先生とクラスによって違います。授業が自分に合わないなと感じたら自分で変更を申請できるので必要があれば申請しましょう。言い忘れていましたが先生は現地の人で使う言語はもちろん英語です。私は留学に行く前、伝えたいことが英語にできなかったり何を言っているのか、なんて意味なのかわからなかったらどうしようと不安でしたが安心してください、携帯使っていいですか?と聞き翻訳を使いましょう。だめという先生は誰1人いません。
そして日本から持っていく物は筆記用具(カラーがあると良い)と自分が必要だと思ったことをメモするメモ帳やノートくらいです。

授業はマンツーマンは教科書のみでグループはだいたいプリントが配られるかんじなのでたくさん板書をすることはありませんでした。
プリントをまとめられるファイルなどもあると良いと思います。電子辞書などは必要であれば持って行けばいいと思いますがスマホを使えたので私は使いませんでした。

お小遣い事情

まずこれが1番気になるところだと思いますが持って行く物についてです。私は自分のクレジットカードが使えるかどうかよくわからなかったし新しく色々用意するのもめんどうだったので現金を10万円と一応カードを持って行きました。
どのカードが海外で使えるかどうかは事前にご自分でお調べください。
そして10万円という大金なので持ち運ぶ財布と鍵がついているキャリーケース等に置いておくなど2つにわけると良いと思います。いくら持っていけばいいのかという疑問に対しては何をするかによって違ってきますが、自分は部屋にお菓子を買いだめしたり平日の放課後に食事にいったり、休日にはツアーや観光地、レジャー施設、ショッピングなど豪遊をし、10万円をちょうど使い切ったくらいなので多くても12万くらいあれば十分に楽しめます。
私は本当にお金を使いましたが5万円くらいあれば最低限は楽しめると思います。ですが個人的には8万円くらいは持っていった方がいいかなと思います。

学校の近くに大きいショッピングモールがありますが、そこでの買い物はクレジットカードも使えました。
ですが屋台や普通のお店、タクシーなどは現金が必要でしたので基本は現金とお考えください。そして移動についてですが日本と違ってほとんどがタクシーです。フィリピンのタクシーは本当に安くて初乗りが80円です。麗澤大学から南柏駅まで100円くらいでいけるくらいだと思います。バスやジプニーという乗り物はもっと安いですが行き先などがいまいちわからなかったりと不安なのでタクシーを使うのが無難かと思います。タクシーに乗るときの注意点はメーターを使用しているかどうかしっかり確認をすることです。乗るときにメーターの開始ボタンをしっかり押して初乗りの料金になっているかどうかです。私は1ヶ月の間にぼったくろうとするドライバーにはあたらなかったので滅多にはいないと思いますが気を付けましょう。そして日本にはないバイクタクシーもおすすめです。フィリピンではよく渋滞をするのですがそれをかいくぐってスイスイいけるのでとても楽しいです。バイクタクシーにはメーターがないので交渉になりますのでフィリピンに行ってまずは車のタクシーに乗ってこのくらいの距離ならこのくらいの料金だろうという感覚を養ってからバイクタクシーを利用しましょう。そして注意点として必ず乗車する前に目的地を伝えて料金の交渉をしましょう。乗車後に決めるとトラブルになる可能性があるので必ず乗車する前に料金を決めましょう。交渉の際は自分から値段を提示するのがおすすめです。フィリピンの人たちは収入がはるかに少なくなるべく多く稼ぎたいと思っているので相場を理解していない観光客などには少し値段を高くする傾向があります。なので車のタクシーのメーターで養った感覚を使って先に値段提示して相場わかってますアピールをしましょう。次にチップについてです。フィリピンではチップの文化はありますが渡す必要はありません。ですがあげたらもちろん喜ばれますのでショッピングモールの買い物やレストラン、コンビニなどではあげる必要はありませんがタクシーでは95ペソだったら100ペソ札を出してお釣りはいらないよと言ったりマッサージ屋さんで自分がサービスに満足できたら少し上乗せして払うなどしても良いでしょう。チップの文化があるとサービスを提供する側と受ける側での濃いやり取りや人間味を感じられてとても新感覚でした。

あると便利!留学に役立つ持ち物

フィリピンのショッピングモールなどは必ず手荷物検査があります。
なのでリュックなどではなく肩にななめがけできるバッグ等の小さいバッグがあるといいと思います。そしてお店のトイレにはだいたいトイレットペーパーがついてないのでティッシュやトイレットペーパーを持ち運ぶと良いでしょう。
あとは暮らしの方の持ち物になりますが、衣類は3セットずつあれば足りるでしょう。

寮には歯ブラシやシャンプー、トイレットペーパー等の生活必需品は一切置いていなく寝床とシャワーとトイレだけ用意されていると考えて自分が必要だと思うものは持って行きましょう。
ですがあちらも街ですので生活に必要な物はすべて買えます。なので必要以上に荷物を持っていかなくても大丈夫です。薬に関してですが整腸剤は持って行ったほうが良いと思います。私は使いませんでしたが周りの女の子はよくお腹を痛めてました。あとこれは自分の体験談ですが、風邪の症状が強く日本の薬の方が高品質だからと考え市販薬を服用していましたが全く治る気配がなく、しぶしぶ学校にある保健室に診察にいきました。そこで処方された薬を服用したとたん治っていったので、日本の物に固執せず診察してもらいましょう。

まとめ

色々と長くお話しましたが私は留学に行くことを強く勧めます。周りの先生などがどこでもいいからとにかく海外に行けという言葉の意味が理解できた気がします。私は今回の留学で、海外に行くのも初めてでフィリピンのことも全く知りませんでした。行く前は治安や環境が劣悪なのではないかと不安でいっぱいでしたが学校の周りはそこまで危険ではないと思いました。私は日本にいる時、リスニングは多少できてもスピーキングが全くできなくて英語の授業もただきいているだけで発言はあまりしてきませんでした。それもあって英語を使わざるを得ない環境に飛び込もうと留学に行くことを決心しました。私は行って正解だと思いました。私は文法などは気にせずに、とにかく伝えようと知っている単語を並べたりしていましたが相手はみんな理解してくれるので、こんな英語でも伝わるんだと話す自信がつきます。私はこの留学で色々な国の人と友達になれました。色々な出逢いがあり、勉強も遊びもとても充実しました。私は寮で、毎日ひとりで日本の家族と電話をしている日本人をみましたが本当にもったいないと思います。勇気を持って色々な人と会話をしましょう。ここまで読んでいただきありがとうございます。私の体験記がみなさんの参考になれば幸いです。みなさんの成功を祈っています。

この記事をシェアする