フィリピン留学・セブ島留学ならZA English 学ぶだけでは終わらせない実践的なカリキュラム

 

 > STAFFブログ・留学体験談 > 留学体験談 >

グローバルインターンシップ体験談 ~bai Hotel ラウンジスタッフ~

グローバルインターンシップ体験談 ~bai Hotel ラウンジスタッフ~

インターンシップ卒業生が、また1人誕生しました。
baihotelのカフェラウンジスタッフとしては、初めてとなる卒業生です。
インターンシップを経験し、今後自分が進むべき道が明確になったと語るSさん。
これから、接客業界でのインターンシップを考えている方にも必見ですよ♪
留学体験談、ぜひ参考にしてみてくださいね。

bai Hotelカフェラウンジスタッフとしての、一日のスケジュール

勤務時間は、基本8時間です。間に休憩も入ります。
私の場合、3箇所をシフト制で回っていました。
配属先は、ホテル内のラウンジや日本食レストラン、カフェラウンジの3箇所でした。

ホテルラウンジ▶︎詳細はこちらへ
レストラン梅▶︎詳細はこちらへ
Wallstreet cafe▶︎詳細はこちらへ

Bai hotelでの、主な仕事内容とは?

1日に3箇所も?!仕事覚えるの難しそう・・・。と思われるかもしれませんが、
基本的な業務内容は共通しているので、問題ありませんでした。
レストランでは、自分が担当するテーブルで注文をとったり、料理の提供、おしぼりを作ったり、ドアマンなど色々な業務を任されていました。
ホテル内ラウンジとカフェでは注文を取る以外にも、ドリンク作りから、お客様に提供するまでのウェイトレスとしての業務をこなしていました。
カフェでは、軽食も扱っているため
ドリンク以外にもフードも提供していましたね。(サンドウィッチやデザートなど)

 

筆者:「試しに、マンゴーシェイク注文したら作ってくれますか?」

Sさん:「え、い、いいですよ笑」

筆者の急な無茶振りにも、笑顔で対応してくれました!^^
味良し、サービス良し、笑顔良し!!

同僚とのコミュニケーションはどうでした?

サポートも手厚く、みんないい人ばかりでした!

初めての海外インターンシップで 経験した“英語環境で働く”ということ

海外で働くためには、「英語」はなくてはならないものだと改めて実感しました。
Baihotel のゲストの半数以上は中国からの団体や、韓国からの旅行客です。
日本人もたまにいらっしゃいますが、業務は全て「英語」での対応になります。
英語をアウトプットしたい、英語をどんどん話したい人には、とてもおすすめな職場です。

お客様を相手にするお仕事、何かトラブルなどはありませんでしたか?

授業中、先生とコミュニケーションを取れていても、
いざ現場に出ると「うまく伝えられない」「コミュニケーションが取れない」という言葉の壁がありました。
先生たちは、英語を教えているプロなので相手の気持ちをくみ取り、簡単な言い回しをしてくれたり、理解してくれようと頑張ってくれますが、
職場でのコミュニケーションはそう簡単にはいきません!!笑
自分がゲストを「もてなす」側という気持ちを忘れずに、
英語が伝わらなかった時も、どのように意思疎通をとるかなど、相手に合わせ柔軟に対応する力が求められます。
慣れない環境で、不安もありましたが、サービス業界での知識を深く学ぶこともできました。
インターンシップを通して、自分の弱点に気づき、これから「英語スキル」を向上させるためはどうすればいいのか。何をすればいいのか。・・・と、考えるきっかけにもなりました。
今後の目標も明確になり、「英語を学ぶ」モチベーションにも繋がりました!

“UVで学んだ英語” は実際にインターンシップで活かせましたか?

もちろんです。
マンツーマンの先生達と、とても仲良くなれたので「話す力」は、留学前と比べてかなり鍛えられました。
インターンシップ前に、仕事で使えるボキャブラリーを増やすために
サービス業で使う「専門用語」の授業もしてくれたりと、
先生達のサポートのおかげでインターン前の不安も減らすことができましたよ!

インターンシップを終えてみて「これをやっておけばよかった」または「これはやっておいてよかったな」と思うことはありますか?

ホテル業界だったので、やっぱり「接客英語」のボキャブラリーを増やすことですかね。
インターンシップ経験者はみんな「ボキャブラリー」が足りない。と、現地に出てから実感します。
日常会話で使われている「英語」とビジネスで使う「英語」は全くちがいます。
カジュアルな言い回しは、接客業では通用しません!
インターンに行く前に「業務で使えそうなフレーズ」をいくつか覚えておくといいですよ!

Would you like anything to eat?
「食べ物はいかがですか?」

Anything else?
「他にご注文はございますか?」

など、よく使うフレーズ集を自分なりにまとめていました。

差し支えなければ、今後の展望を聞かせてください!

大学を卒業したら、もう一度英語を学ぶために「留学」をもう一度したいです!
今回のインターンシップ留学で「もっと英語を学びたい」、まだまだ自分は英語力を伸ばせる。と
英語に対する意欲がさらに出てきました。これをバネに、これからも英語学習を続けて行きたいと思います。

セブ島留学を検討している人に向けてメッセージをお願いします

マンツーマンレッスンが格安で受講できるのも、フィリピン留学の魅力なのではないでしょうか。
何よりも、とても気さくでおしゃべり好きな先生達ばかりなので、英語でコミュニケーションを取ることも苦ではなく、授業もとても楽しかったです!
先生達ともすぐに意気投合できたので、英語で積極的に「話す力」も自然と身についていきました。
欧米留学に比べ、留学費用が抑えられるので
長期で英語を学びたい人には「セブ島留学」はぴったりだと思います。

最後に・・・成功する留学にするために、留学生のみなさんに向けてアドバイス!

マンツーマンレッスンは、自分のペースに合わせられる。というメリットはありますが、
内容のあるレッスンになるか、何となく終わってしまうレッスンになるかも、自分次第だと思います。
アウトプットするには、インプットがとても大切ですね。
文法の基礎学習や授業の予習、復習をするだけでも、英語の伸び方にかなり差が出てきますよ!
セブ島留学、楽しんでくださいね!

PAGE TOP