> 留学体験談 > 卒業生の声 >

空港インターンシップ受入企業先がフィリピン航空へ

現場スタッフのやり取りや、接客を通して
実用的な英語のインプット、そしてアウトプットをすることができる人気のプログラム「グローバルインターンシップ」。
バニラエアラインの就航に伴い、
マクタン空港インターンシップの受け入れ先がフィリピン航空へ変更されました。

今回はフィリピン航空のインターンシップを終了した、
二人のインターンシップ体験談をお届けします♪

フィリピン航空インターンシップ、一日のスケジュール

勤務時間は、基本8時間です。間にご飯休憩も入ります。

CEBU→NAGOYA/OSAKA/NARITA便の時間帯は特に忙しくなります。


引用:フィリピン航空

フィリピン航空グラウンドスタッフとしての、主な仕事内容とは?

  • 1. 日本人客対応(通訳)
  • 2. チェックイン
  • 3. スタッフのアシスト
  • 4. 搭乗アナウンス
    (マニュアルがあり英文から日本語に翻訳しないといけないが、主に日本語でのアナウンスです)
  • 5. ボーディングゲートでの搭乗前チェック

フィリピン航空のスタッフと搭乗客の中間に入り、
意思疎通のお手伝いをしてもらう重要な立ち位置です^^
インターンシップ前のESL12週間の過程で、基礎をしっかりと学び自信をつけておくことが鍵になります!
3ヶ月の研修だけでは不安な方は、ESL研修期間の12週間以上も受け付けておりますので、ご相談ください。

職場スタッフとのコミュニケーションはどうでしたか?

Rさん:
職場の雰囲気はとても良く、のびのびと働くことができました。
現地のラウンドスタッフ達もいつも私たちの存在を気にかけてくれていました。

Nくん:
親日で、優しいスタッフばかりでした!インターンシップの常務マニュアルは特になく、現地のスタッフの仕事を見て覚える、そして実際にやってみて、ひとつひとつ覚えていきました。分からないことは、積極的に自分から聞きに行くことが大切ですね。
ある程度の「英語での質問力」が求められる職場ですよ!

Rさん:
インターン前にしっかり英語力と自信をつけることが大切で、特に発音はスタッフから直されることが何度もあったんです。。

マクタン空港インターンを検討している方へメッセージをお願いします

Nくん:
以前、日本で製薬会社・化学輸入会社でもインターンを経験したことがありますが、責任と大きなやりがいを実感したのはフィリピン航空でのインターンシップが1番でした。英語が話せない日本人旅行客のクレーム対応なども多々あり、大変な場面もありましたが、人の役に立てる喜びや楽しさを感じることが出来ました。
自分の英語力と応用力のなさにも気づかされましたけどね!(笑)
英語力に磨きをかけるために、今後も英語学習を続けていきたいと思います。

Rさん:
特に緊急時の対応などは、早急な判断や反応が問われるので柔軟な対応が求められます。
でも日本のラウンドスタッフと違い、のびのび働ける職場ですよ!
国によって文化も違うように、仕事に対する価値観も考え方にも大きな違いがあることを学びました。
日本の航空会社のイメージを膨らませていると、大きなギャップを感じるかも知れません笑
学校スタッフや先生以外のフィリピンの方、空港に訪れる人、たくさんの人と出会うことが出来て楽しかったです。

フィリピン航空へのインターン申し込み、続々と決定しています!

 

3人目のマクタン空港インターンシップ生は、8週間のインターンシップを予定されています。
グローバルインターンプログラムでは、
ESL12週間 + 企業へのインターンシップ4週間ですが、もちろん4週間以上の企業インターンも可能ですよ!
長期でインターンが出来る方は、インターン企業先の選択肢がぐんっと広がります。

bai hotelやマクタン空港の他にも、
Crown Regency Hotel & Towersや大学病院の受付など、多数の受け入れ先もあり!詳しくはお問い合わせください\( ˆoˆ )/

↓↓↓グローバルインターンシップについてもっと知りたい方はこちら↓↓↓
グローバルインターンシップ2ヶ月 / Kasumiさんの留学体験談
【保存版】これを見ればバッチリ!グロバールインターンシップ編

この記事をシェアする