> 留学体験談 > 卒業生の声 >

欧米留学とセブ島留学の違いについて

皆さん、こんにちは、初めまして。
当校チーフマネージャーを務めております扇山 誓と申します。2016年8月にこちらのチーフマネージャーに着任し3年が過ぎました。

いきなりですが、この度私は当校のブログ連載をすることとなりました。
セブ島の英語語学学校で働きセブに住み始め3年を過ぎた今、セブ留学そしてセブ島その物の実態や、そしてこのフィリピンの可能性などを交えつつ、当校の情報をお伝えさせて頂きたいと思います。

欧米、オーストラリア、ニュージーランド留学ではなく、なぜセブ島留学なのか?

欧米留学とセブ島留学の違いについては、ネット検索してみると様々な人が詳しく説明しています。重複するかもしれませんが、重要なことをいくつか振り返ってみたいと思います。

欧米留学と比べて費用が格段に安い
他の留学先はグループクラスのみに対しセブはマンツーマンのクラスを多く取れる
寮などの宿泊施設がセットで、滞在する場所を探す必要がない
ビザなどの手続きを学校で済ませてもらえる
日本人スタッフが常駐している
時差がない
日本から近いので短期でも行きやすい

他にもありますが、どの学校にも共通しているセブ島留学の魅力だと思います。

それに加え、当校ZA Englishの場合、

1. 食事は365日3食付き
2.掃除洗濯は週2回、当校専属のハウスキーパーが行い洗濯はきちんと畳まれその日仕上げ
3.平日はナースが常駐し体調不良の際は見てもらえる
4. 空港やホテルへのインターンシップも可能
5. ダイビングライセンスの取得も可能
6. Wi-Fiは光ファイバー

となっている為、日本のみではなく、韓国、中国、台湾、ベトナム、スペイン、サウジアラビア、トルコなどから数多くの生徒様にお越し頂いております。

なぜフィリピンで英語を教えられるのか

フィリピンの人達はマニラではタガログ語、セブ島ではビサヤ語という現地人は現地語を話して生活をしておりますが、英語はフィリピンの公用語でもあり、小学校から授業は全て英語で行われ、大学を卒業するまで英語で行われます。貧しい家庭も多く大学を中退せざるを得なかったり、そもそも行けない人も多いですが、大学を卒業した人達は皆欧米人なみの英語力を誇っております。

短期・長期留学でも結果は目標設定次第

中には、留学には興味はあるが、短期間しか時間が確保できなかったり、もともと英語は苦手で上達するようなイメージが湧かず、お金が無駄になるのではないかと心配し踏ん切りがつかなかったりする方もおられるのではないかと思います。

実際、当校は1週間からの短期間の生徒も受けており、日本人は平均して1週間から4週間の留学が多いです。確かに英語を完璧にマスターするには短すぎる期間ですが、1週間ならその中でどれくらいのことを英語で学んで実践していくか、目標設定によっても内容の充実度が変わってくるでしょう。

例:
1週間:日本人以外の英語でコミュニケーションを取れる友達を作る
2週間:一人で外出し、交通機関やお店での買い物や注文を出来るようにする・・・等
3週間~4週間:TOEICの点数を100点以上アップ

など、限られた時間の中で目標を設定するかしないかでは、結果と充実度は歴然です。

長期留学でも、ただ漠然と半年や1年過ごす人と、1週または1か月ごとに目標をしっかり設定する人とでは当然結果は違ってきます。

短期長期関わらず、通常留学生に必要な、面倒な移民の手続きはパスポートを学校でお預かりした後は、学校が行いますので本当に手軽な留学が可能です。

留学をご検討されている方はカウンセリングなども受け付けておりますので、お問合せください。

za-english@za-group.com

留学プランのご相談・資料請求はこちら