fbpx

 > 留学体験談 > 卒業生の声 >

GENERAL コース / セブ市内ロックダウン体験記

初海外、初留学、初ロックダウン…。まさに初体験が大渋滞した今回のセブ島留学。
当初、研修期間は3週間の予定でしたが、最終的にはその倍、1ヶ月半滞在することとなりました。
この体験記にはそんな僕の留学を大まかに、最初の2週間、ロックダウン中の約4週間に分けて主な出来事や体験、僕の感じたこと書いていきたいと思います。

到着後の流れ

まずは、最初の2週間です。この頃は毎日必死で、でも楽しくてと言った毎日でした。が、初日からハプニングがありました。
寒い日本から常夏のフィリピンへ移動し気温差に適応できなかったのか、38℃ほどの発熱をしてしまいました。そこで、ZAスタッフに相談し、1人部屋を用意していただきました。幸いなことに1日ぐっすり寝ると熱も下がり回復することができました。
2日目にはクラス分けのエントランステストがあったり、近くのスーパーマーケットへ買い物に行ったりしました。
3日目からはいよいよ授業の始まりです。

カリキュラムについて

授業は月曜日から金曜日まで1日8コマありました。4コマはグループレッスン、もう4コマはマンツーマンレッスンでした。
日本人学生もいますが、もちろん授業はすべて英語です。なので、特に最初の1週間は授業についていくのに必死でした。しかしそれは決して不可能なことではありませんでした。ZAの先生方は1人1人を見てそれぞれにあった質問を投げてくれました。たとえグループレッスンであっても先生は全員が参加できるようにかつ、授業が円滑に進むように進行してくれて、全て英語ではありましたがとてもわかりやすくて楽しい授業でした。ここでいうところの楽しいとは、学びの楽しさです。何度も頭がパンクしそうになりましたが、その分理解できた時の喜びや快感は言葉では言い表せないほどでした。経済学部でそれほど英語学習に尽力してこなかった僕でも現地でできた友達とも協力しながら本当に充実した学習ができたと思います。

セブ島観光も留学の醍醐味

そして、充実していたのは学習面だけではありません。なんと言っても楽しかったのはセブやマクタンを満喫できるツアーです。僕は滞在2週目にマクタンツアーとオスロブツアー、2つのツアーに参加しました。日本では考えられないくらいの格安プランで綺麗なビーチや歴史ある教会へ行ったり、ジンベイザメと泳いだりしました。現地の人や大自然と触れ合うことで新しい価値観や世界観を感じることができました。他にも休日は友達と計画してモールやジップラインのある公園に行きました。とても楽しかったです。これもまた留学の醍醐味なのだと思います。

セブ市内にロックダウンが発令

ここから沢山の生徒の方々がそれぞれの国に帰るようになりました。僕も帰るか残るかの選択に迫られました。そして、セブに残ることに決めました。理由はお金のことなど様々ありますが、後にロックダウンとなり外出することが出来なくなったり、帰国が困難になったりするとは思っていませんでした。
延長という形になりましたがZAさんのご好意で追加の授業料も追加の食費等も免除していただきました。
心から感謝しています。
ロックダウン中はもちろんずっと学校の敷地内にいました。しかし、外には出られなかったものの、ZAにはプールやトレーニングジム、卓球のできるスペースなどが併設されており、授業のない時間ものびのびと過ごすことができました。
このロックダウン期間中はとても貴重な経験になったと思います。
沢山の方々の支えがあり、みんなと協力して、苦しい中でも笑って過ごせました。

苦しい時、みんなで協力すれば頑張れる。

これは僕が思う今回の留学の総括です。後半はほとんど新型コロナウイルスに影響されましたが、この総括は延長前の研修期間もよくよく感じました。
授業でわからない時、ハッキリわからないと言えることが大事なのです。
わからないことは何も恥ずかしいことではありませんし、全く怖がることはありません。必ず周りが協力してくれました。とても暖かかったです。
僕もそういう人でありたいと思いました。慣れない土地で慣れない生活もみんなと乗り越えることができました。
帰ってきた今振り返ると全てが僕の大事な宝物です。僕にとってとても大切な経験です。
今回のたった1ヶ月半の留学で僕の価値観が変わりました。それはとてもポジティブな方向に変わったと思っています。
世界の見え方も変わり、視野が大きく広がった気がしています。留学前の僕とは違う成長したところを今後発揮していきたいです。

最後に、今回の留学では初日から最終日まで沢山の方々のお世話になりました。延期を受け入れてくださりその間も快適に過ごさせてくださったZA English Academyの皆さま、とても楽しくて本当に楽しい授業をしてくださった先生方、大学の職員の皆さま、帰国に協力してくださった皆さま、そして家族や友達のみんな…。
こんなにも沢山の方々に、こんなにもお世話なるとは思ってもみませんでした。ただでさえ沢山の経験ができる留学に何重も輪をかけ沢山の貴重な経験ができました。英語だけでなく、ここで感じたことや学んだこと、出会いをこれからにつなげていきたいと思っています。この体験記を書いている今も尚、世界中では新型コロナウイルスが猛威をふるっています。
そんな中でも、今回の留学で学んだ協力の大切さを活かし、いつかまたセブに行ける日を楽しみにしています。
 

この記事をシェアする