fbpx

 > 留学体験談 > 卒業生の声 >

GENERAL コース / 3週間体験記

私にとって初めての留学だったのでとても新鮮に感じた。まず、現地に着いての第一印象はとても暑く日差しが強かった。

初日の流れ

初日、朝からエントランステストを受けて自分の実力の無さを痛感した。
その後、テストの結果から授業のスケジュールが決まり、私のスケジュールは空きコマなしの7:40から16:05までだった。
授業が朝早く始まるので正直とても大変だった。授業初日は、少し緊張していたが先生方やクラスメイトが優しく、フレンドリーに接してくれたお陰で緊張はなくなった。

マンツーマン授業を受けてみて

1対1の授業なので、分からない点があればすぐ質問ができた。この授業は、会話を重視していてスピーキングやリスニングを伸ばすにはとても最適だった。最初は、英語で会話することが一苦労だったが、授業の回数を重ねていくことで徐々に会話が楽しくなり、自分の拙い英語でも十分相手に伝わる、意思疎通ができると実感した。また、授業以外の話もたくさんできたのでよかった。

グループ授業について

日本人だけではなく、色々な国の人たちと一緒に同じ空間で英語を学べることができた。そこでは、ただ英語を学ぶだけではなく、他の留学生ともたくさん交流する場だと思う。私は、他の国の文化や言語などにも興味があるので積極的にコミュニケーションを取りにいった。その結果、初めて海外の友人ができた。その友人は韓国人で、私は韓国に行ったことがあるのでそのことを話してみたら、あっという間に仲良くなっていたことに驚いた。その友人とは、帰国した今でも連絡を取り合ってる仲である。

留学中のハプニング

フィリピンのセブ島に来たからには、勉強だけではなく遊びも本気でやろうと思いZA Englishが提供しているマクタンツアーに参加した。
マクタンビーチはとても綺麗で私自身、海や泳ぐことが大好きなので興奮した。このビーチで友人とたくさん写真を撮り、また日焼けもしたので良い思い出になった。
この短期留学で、大きなハプニングが二つある。一つ目は、体調不良である。留学で一週間が経過した頃、急に腹痛に襲われ、また下痢が止まらなかった。この症状は、五日間も続いてとても苦痛だった。
私の周りの友人も体調を崩していることが多かった。私の場合、日本から持って来た薬で何とか回復した。恐らく原因は、鶏肉、豆類、氷などでお腹を下したと思う。
なので、これからセブ島に留学を考えている人は十分体調には気を付けて下さい。

この記事をシェアする